最短はたった一日!短期のアルバイトの種類

一日だけ働けばいいアルバイト

アルバイトには最初からある程度雇用期間を区切って募集されているものがあります。そういったものは短期バイトと呼ばれ、最短では一日、長くて三ヶ月から半年間程度働くということになっています。では、短期バイトにはどのようなものがあるでしょうか。まず、一日だけ働けばいいというものには、選挙当日の出口調査員、試験の監督官、スーパーでの試食販売員なとが挙げられます。あるいは一日だけで終わるイベント、たとえば花火大会の警備員などもあります。

働く期間が一ヶ月程度の仕事は忙しい期間が決まってる

働く期間が一ヶ月程度のものの場合、職種では限定されず、雇い先の事情が絡んでくるので様々な働き口があります。ただ、基本的には特定の期間だけ忙しいというところが募集するので、募集する時期によって仕事先はある程度決まってきます。たとえば、春先であれば引っ越し作業員のアルバイトが増えますし、夏の少し前だとお中元の仕分けと配達員、あるいはエアコンの取りつけをサポートする作業員、冬だとお歳暮と年賀状の配達員などがあてはまります。

短期アルバイトではどのように報酬をもらうのか

では、短期のアルバイトでは、どのような形で給料をもらうのでしょうか。まず、働くのが一日だけというバイトの場合、支払いは比較的早いです。仕事をした日から一週間から数週間程度でもらえることがほとんどです。会社によっては、働き終わった直後に手渡して払ってくれるところもあります。一ヶ月程度の仕事の場合は、仕事先が設定している給料の締め日が関わってくることがあり、一回の支払いで給料全額をもらえるのではなく、二回に分けての支払いになることもあります。

求人雑誌には多くの工場の求人がありますが、ほとんどの工場は24時間行っているので、交代制で勤務をしています。

You Might Also Like