保育士になる為に必要な事また、知っておきたい事

保育士にの資格を持つには

言わずと知れた事だとは思いますが、保育士は国家資格です。その取得方法とはまず、大学や専門学校等でも保育士資格取得が出来る課程を修了する方法か保育士試験に合格する必要があります。大学や専門学校などの場合は特に試験などを必要としない為比較的簡単に取ることができますが保育士試験の場合は問題の難易度が高く合格率も高くありませんが、大学や専門学校に行かなくても取ることが出来るのでその点は魅力的と言えるでしょう。

保育士試験の受験資格など

合格率が低い保育士試験ですが、平均合格率は10%前後とも言われています。しかし保育士の人気は高く年間で4万人から5万人程の受験者がいます。その受験資格は比較的低く、大学や短期大学等に2年間在学し、62単位以上取得している事や児童福祉施設に2年間以上2880時間の勤務や平成3年の3月31日以前に高校を卒業した方や高校の保育科等を平成8年3月31日以前の卒業した方等であれば特別な事をしなくても問題ありません。

保育士の向き不向き等

この職業は【子供が好き】と言う気持ちが何よりも大切なのではないでしょうか。何よりもその気持ちがあれば子供に思いやりを持って接する事が出来ますし毎日の仕事にやりがいを感じる事が出来るのではないでしょうか。その他には子供と一緒に遊ぶ上で体力的な面も必要となってきます。働いてみたら思った以上に言うことを聞いてくれない等どの子供も当たり前の事なのでそれを理解していればとても魅力的な職業ではないでしょうか。

保育士の求人は多くありますので、現在保育士を志望している方や、保育士の免許を持っている方には採用のチャンスです。

You Might Also Like