医師もバイトする!?医師の働き方のいろいろ

医師ってどこで働くの?足りてるの?

医師は病院やクリニック等で働いています。また、病院とは違い研究職に就いている人もいます。しかし、都市部では医師の数が足りていても田舎に行くほど医師のは不足していることが現状です。特に産科や婦人科、小児科は全国の医師数の割合を見ても少数で過疎地域に存在しないこともしばしばです。この原因は医師は”自分の好きな分野を選べる”ことにありますが、このことに規制が入ることは可能性としては低いでしょう。そのため、自分の勤務地から、別の地域に”派遣”されることもあります。

実は他の地域に行ったほうが給料がいい!?

勤務地以外の地域で診療を行った場合、医師はいつもの給料とは別に”手当て”という形等で給料に反映されます。交通費などはもちろんのこと、特に田舎の地域で救急医療の当直等を行った場合は、一回で高額な報酬が支払われる場合も少なくありません。これは、専門性の高い救急医療という分野を医師が不足している地域で行った対価だからです。もちろん患者様がこの高額な報酬に対して直接負担を行う訳ではありません。このように勤務地以外で働いている医師のおかげで、過疎地域は医療が成り立っていることもあります。医師の給料が高額なのはこのような事情も含まれているのです。

雇用形態にもいろいろある?

実は常に病院に直接雇用されているとは限りません。有期雇用や特定の曜日のみ診療を行う非常勤という勤務形態で契約を行っている医師も多く存在します。これは複数の病院を掛け持ちしていたり、産休明け等で育児を行う等の理由があるからです。また、少し特殊ですが医師の”人材派遣”を行っている会社も有り、そこから派遣として来ている医師も少数ながらいます。医療業務はどうしても激務で、勤務時間が長くなりがちです。雇用形態を変えることで、ワークライフを自分に合うようにしているのです。

医師のバイトには、専門の求人サイトが多数あり、細かい待遇まで載っているサイトもあります。場所や時間を指定して探すこともできます。

You Might Also Like