外国で働くチャンスのあるエンジニアの求人

日本で募集される海外エンジニアの採用方法

エンジニアの求人は日本国内だけでなく、外国にもたくさんあります。そして外国での求人も日本人を採用の対象にしている場合がたくさんあります。それらは日本国内で募集されているため、日本人が日本にいながらにして海外の企業と電話やインターネットで面接し、直接採用されるという内容のエンジニア求人です。わざわざ日本で募集するのですからビジネス用のビザも現地から発給されますが、最終面接は現地となり、その渡航費用は自分で支払うケースが多いのが実情です。

海外エンジニアとして求められる人物像

わざわざ海外に人材を求めるのですから、要求されるエンジニアとしてのスキルはかなり高いものになります。特に国際的に評価の高いベンダー系資格を持っているネットワークエンジニアの場合は引く手あまたになりますが、開発経験が豊富でも語学がまったくできない場合はハードルが高くなってしまう傾向があります。ただしエンジニアとしてのマネジメント経験がある場合は語学力が低くても評価されることがあるので、そういうときは語学は後付けでも大丈夫です。

海外の求人で採用された場合の注意点

海外の求人に応募して採用された場合、渡航費用を受け持ってくれる会社とそうでない会社があります。さらに現地採用なので現地の物価による給与設定がされていることが多く、日本の物価より低い国では給与もやはり日本円換算では低くなってしまうことがあります。求人に関しては条件を慎重に確認し、採用が決まりそうになった時点であらかじめ質問しておくことが重要です。ただし、あまり最初に質問してしまうのはマナー違反なので、質問するタイミングは要注意です。

施工管理の求人の設定年収は、年功序列な部分と、保有資格、実績内容によって左右されており、大型物件に携わった経験があると年収が高くなる傾向にあります。

You Might Also Like