保育士の求人!最近は男性の採用も増えているみたい

男性保育士の必要性について

保育士さんのイメージは多くは女性ですよね。幼児期に男性の役割もかなりあるんです。特に男の子は男性保育士の方がいい場合も多くあります。人間の性格を半分くらい決めてしまうのがゼロ歳から五歳くらいまでです。とても重要な時期です。女性の感性と男性の感性がとても必要です。単に子供好きなだけでは務まりません。乳児心理学の勉強も必要です。特に必要なのが体力ではないでしょうか。体力が有り余っている子供たちを相手にするのですから相当の覚悟が要りますね。

保母さんから保育士へ

保母さんと言う名称が浸透していたので女性のイメージが強かったですが、保育士と名前が変わってからは男性、女性に関係なく、乳児や幼児の教育の専門家のイメージが定着しました。男女雇用均等法も大きな影響もありました。乳児や幼児は言葉も上手に使えません。大人にはわかっても乳児や幼児に分かりません。わかるように工夫、勉強をしなければなりません。日本の未来を担う子供たちの教育に携わるのでやりがいも責任もあります。

男性保育士の悩みについて

保育士と名前を変えてもまだまだ、女性の職場です。男性保育士が職場で一人という状況は多いです。同僚女性、上司女性、保護者女性の中で働いていくのは大変です。一番の問題はトイレではないでしょうか。長年女性の職場だったために男性使用になっていないところが多いですね。トイレに行くだけでもストレスになってしまいます。女性と男性は感性が違いますので教育の場面では大変です。普通の会社のように同僚に飲みながら相談というわけにはいきませんよね。同僚が女性なので気軽に相談というわけにはいきません。上司に相談となると大げさになってしまします。今後、男性保育士にも働きやすい環境が少しずつでも進んでいけたらいいですね。

保育園の求人募集中です。これまでのあなたの経験を生かせる職場です。元気な子ども達に囲まれて、やりがいのある仕事です。

You Might Also Like